プロミス

MENU

プロミスでの所得証明は要不要が条件で変わります

プロミスにおいては、所得証明書類などを提出しなければならない場面がある一方で、そういったものが不要な場面もあります。こうした手続きの違いについてはどれくらいの金額を借り入れるのか、ということで変動するものであり、一般的な金額よりは少し高めの50万円がプロミスのラインとなっています。

 

 

例えばちょっとした借り入れをしようというときに、30万円ほど利用したいという場面であれば、所得証明は不要ということになります。しかもその状態から更にプラス20万円を借り入れたいと思って増枠申請したとしても、やはり所得証明は求められません。

 

一方で、プロミスでの借り入れが少額であったとしても、他社で高額な借り入れをしている場合には所得証明が必要なこともあります。例えば他社で色々と借り入れを行っており、プロミスで更にお金を借り入れるとなると100万円を超えてしまうという場合には、しっかりした所得証明書類の提出を求められることとなります。

 

他社で借り入れているかどうかは調べればすぐにわかることですので、ここできちんと申告をした上で、大金を借り入れているのであれば書類提出を行わなければなりません。プロミスでは収入の証明が不要という手軽さがありますが、それには基準があるためしっかりと確認しておくことが大事なのです。

 

プロミスについての詳細情報はプロミスで借りたい方を見ておきましょう。

ネットで簡単手軽なキャッシングの審査申し込み

いぜんはキャッシングをするためには金融機関の窓口か申込専用の無人端末機などでしたが現代ではインターネットの普及によりキャッシングの申込、利用方法も多様化してきています。そしてキャッシング申込者の多くは手軽に気軽に申込ができるインターネットより申込をする利用者は増加しています。

 

インターネットキャッシングを利用する際にはきちんと注意点について知っておくことがポイントです。インターネットの場合は通信上で住所や氏名年齢連絡先などいわゆる個人情報をやり取りするうえでセキュリティなどに十分注意をする必要があります。

 

そのため、インターネットよりキャッシングを申し込む場合には申込先の金融機関が情報を暗号化するSSLに対応しているかを確認する必要があります。情報を暗号化するSSLに対応していない金融機関サイトでやり取りしてしまうと申込者の個人情報が漏洩してしまう恐れがあります。

 

またインターネットの場合は気軽に申し込むことができるという利点もありますが、、融資される金額は自身の口座に振り込まれるケースも多いため自身のお金と錯覚してしまう利用者の方も少なくありません。そのためてキャッシングにたいして希薄になりやすいという注意点もあげられます。

 

インターネットは便利でたくさんの利点もありますが利用者自身の認識や自己意識をしっかりもたないと、ならないるキャッシング方式ともいえるのです。