プロミス

MENU

闇金業者とその傾向と対策

借金の金利というのは、出資法で決まっています。具体的には年20%です。以前は29.2%だったのですが、平成22年6月18日に改正され現在の年20%になりました。この年20%を超える金利で貸し出している業者を闇金業者といいます。

 

この闇金業者は、闇金ウシジマくんやミナミの帝王など漫画によって闇金の存在が一般的に知られるようになりました。

 

手口としては、店舗を持たずに携帯を使って営業している場合があります。返済が滞ると借りた本人だけではなく、家族や親戚、職場などにいやがらせの電話をいれてくるのです。使用している携帯は飛ばし携帯といって、他人の名義で借りている場合が多いです。

 

一番いいのは、闇金業者から借りないことです。闇金ではなく、銀行などの正規の金融機関から借りるべきです。しかし、それができず、闇金業者から借りてしまった場合はどうすればいいのでしょうか。

 

まず、闇金業者からの借金は返済する必要はありません。そして、最寄りの警察署の生活安全課に通報します。その際に闇金業者の情報(住所、氏名、電話番号、口座番号など)をメモして行きましょう。いやがらせをうけた場合は証拠が必要です。例えば、いやがらせ電話を録音したデータなどが考えられます。

 

詳しい対処法や対策については、専門とするヤミ金問題相談ページを見てみると良いでしょう。